おうちホームステイは1日たった30分、最短1週間でネイティブと会話ができるようになるという英会話教材です。

普通、ネイティブと話ができるようになるまで英会話を覚えようと思うと、英会話スクールに何カ月もかけて通わなければいけません。

そんなうまい話があるはずない…本当なら法外な価格の教材に違いない…と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事ではおうちホームステイが一体いくらかかるのか徹底的に調べました!

最初に支払う金額だけでなく、入会金の有無やセミナーの参加費などの追加料金も含めて、トータル価格をご紹介します。

さらに、大手英会話スクール各社とも価格を比較してみたところ、意外にもおうちホームステイが割安だとわかったので、ご紹介します。

→おうちホームステイは無料で1週間トライアルが可能?実際に使ってみたい方はこちら!

1.おうちホームステイの費用は?

英会話スクールでは、レッスン料の他に、入会金、教材費、月会費などの費用が掛かるのが普通です。

「レッスン料が安いから」という理由で決めてしまうと、あとで思ってもいなかった追加の費用が掛かってしまうこともあります。

そのため、英会話スクールの料金を比較するときは、全部でいくらかかるのかで検討するのが大切です。

ではおうちホームステイは全部で一体いくらかかるのでしょうか?

教材費用だけでなく、細かいところまでしっかり見てみましょう。

1-1.ネイティブに自己紹介できるようになるのに、最初の1週間はなんと無料!

おうちホームステイは2カ月間で日常英会話をマスターできるプログラムです。

しかし、最初に1週間分お試し体験として誰でも無料で受講できます。

1週間のプログラムでは、英語で自己紹介ができるようになるのが目標です。

ネイティブに通用する滑らかな発音で自己紹介できるようになるのに、無料というのはとても嬉しいですね。

おうちホームステイの開発者、山内勇樹先生には悪いですが、最初の1週間だけを受講して自己紹介をマスターするのもアリです。

1-2.日常英会話をマスターできる2カ月間のプログラム ずばり〇〇万円!

1週間のお試し体験の後、8週間分のプログラムが有料になります。

有料プログラムは一体いくらなのでしょうか?

英会話スクールに通うと、トータルの費用は数十万円してしまうのが普通です。

おうちホームステイは8週間分のプログラムが24万9000円で購入できます。

他の英会話スクールと比べると割安な料金設定になっています。

→おうちホームステイは無料で1週間トライアルが可能?実際に使ってみたい方はこちら!

1-3.入会金、教材費、セミナー参加費など…気になる追加料金は?

8週間分のプログラムは24万9000円で購入できるのですが、他に必要な費用は何があるのでしょうか?

一般的に英会話スクールに通うときに必要な費用と、おうちホームステイに必要な費用を一覧にまとめました。

おうちホームステイ 英会話スクール
入会金 無料 3万円程度
レッスン料 無料 1回5000円~8000円程度
教材費 24万9000円 1万円程度
月会費や年会費 無料 月1000円程度
交通費 不要 月2000円程度
スマートフォン・タブレット代 持っている人は不要 不要
セミナー参加費 1回1万円(初回無料) なし

普通英会話スクールに通うと様々な費用がかかりますが、おうちホームステイは教材費の24万9000円だけで、他に必要な費用はほとんどありません。

入会金、レッスン料、月会費、交通費、全て無料です。

ただ、スマートフォンやタブレットを持っていない人は購入費用がかかりますので注意しましょう。

ちなみに、おうちホームステイではAIスピーカーという機能を使って学習をすすめますが、AIスピーカーもスマートフォンやタブレットにもともとついている機能なので無料です。

ひとつだけ追加料金がかかるのが、おうちホームステイの会員限定セミナーです。

おうちホームステイの会員だけが参加できる限定セミナーが月に1回程度のペースで開催されているのですが、1万円の参加費がかかります。(初回は無料です)

セミナーに参加すると山内先生の講義が聞けて英会話の学習がはかどったり、覚えた英会話を実践したりできますが、参加は自由です。

有料のセミナーに参加しなくてもおうちホームステイの教材だけで必要な英会話は十分身に着けられるので安心してくださいね。

2.おうちホームステイの価格は高い?英会話スクール各社と比較!

おうちホームステイの費用がわかったところで、他の英会話レッスンと比較してみましょう。

2-1.おうちホームステイと各社英会話レッスンの比較まとめ

おうちホームステイは1日30分の学習を8週間行うプログラムになっています。

そこで、おうちホームステイと同じだけのレッスン時間(28時間)、または契約期間(2カ月)英会話スクールに通った場合にかかる費用を一覧にまとめました。

入会金、月会費、教材費なども入れたコミコミ料金です。

  費用(28時間分または、2ヶ月間)
ベルリッツ 42万円
ライザップイングリッシュ 41万円
ECC 40万円
シェーン英会話 33万円
GABA 33万円
NOVAフリープラン 31万円
bわたしの英会話 26万円
おうちホームステイ 25万円
トライズ 24万円
イーオン 14万円
イングリッシュビレッジ 13万円
ロゼッタストーンTOTALe 8万円

 

一番高いベルリッツでは、42万円も掛かることがわかりました。

おうちホームステイは25万円と、ベルリッツの約半額で、他の英会話スクールと比べても安いことがわかりました。

なぜこのような違いがあるのでしょうか?

それぞれの英会話スクールの費用について詳しく見ていきましょう。

→おうちホームステイは無料で1週間トライアルが可能?実際に使ってみたい方はこちら!

2-2.おうちホームステイとベルリッツを比較

ベルリッツはビジネス英語に強い英会話で、『契約締結』『プレゼンテーション』などの訓練もできる英会話教室です。

難しいシチュエーションに対応するため、講師のレベルも非常に高いです。

その分一回当たりのレッスン料金は業界内でも最高額で、1回あたり8000円近くかかります。

おうちホームステイの教材費はレッスン1回あたりにすると4500円なので、倍近くしてしまいます。

ベルリッツでは月会費は無料ですが、さらに入会金、教材費が別途かかり、トータルでは42万円と一番費用がかかる英会話教室です。

ビジネスの難しい場面で英語が必要な人は、懐にも余裕があるので、この位の金額を払えるのでしょう。

2-3.おうちホームステイとライザップイングリッシュを比較

ライザップイングリッシュはおうちホームステイのように2カ月間や3カ月間の短い期間で集中して英会話に取り組みます。

毎日3時間程度の宿題をこなし、週に1~2回のレッスンを受けるスケジュールなので、レッスン料は月謝制になっています。

2カ月のコースだと入会金の5万円を含めて41万円と高額です。

1日3時間の宿題は非常にハードですが、さぼらないように専属のトレーナーがついてくれます。

専属のトレーナーとは毎日進捗確認を行うので、トレーナーの人件費の分、費用が高くなってしまうのでしょう。

毎日3時間も勉強すればさすがに結果は出るでしょうから、費用をかけてでも確実に結果を出したい人が選ぶ英会話スクールです。

おうちホームステイもライザップイングリッシュと同じように2カ月間で取り組むプログラムですが、費用は25万円とかなり安くなっています。

勉強時間は1日30分と短いですが、脳の記憶の仕組みを取り入れているので、30分でも十分な成果が出せます。

費用を節約して、効率よく学びたい人にはおうちホームステイがおすすめです。

2-4.おうちホームステイとECCを比較

ECCはコースが充実している英会話スクールです。

日常英会話コース、ビジネス英会話コースの他、文法やリーディングを習得できるコース、TOEICなどのテスト対策なども充実しています。

教材を豊富に用意している分、教材の開発費がかかるので費用は高くなってしまっています。

おうちホームステイは『初心者向け日常英会話』に絞って教材を開発しているので、ここまで費用を抑えることができるのですね。

英会話だけでなく、英語能力全体を伸ばしたい人にはECCがおすすめですが、日常英会話のみでいいという人にはおうちホームステイがお得です。

2-5.おうちホームステイとシェーン英会話を比較

シェーン英会話はコミュニケーション能力を伸ばすことに注力している英会話教室です。

英会話のコースの中で、文法やリーディング、さらに外国人の文化や思考方法についても学び、ネイティブとのコミュニケーションがスムーズにできるようになります。

大手英会話スクールの中ではレッスンや講師の質も悪くないのに費用が安めということで『コスパがよい』と評判のスクールです。

それでもおうちホームステイの方が8万円も安いですので、文法やリーディングも習得したい人はシェーン英会話、日常英会話に集中したい人はおうちホームステイを選ぶといいでしょう。

2-5.おうちホームステイとGABAを比較

GABAはマンツーマン専門の英会話スクールです。

マンツーマン専門という点を活かして、レッスンの内容を自由にカスタマイズできるのが大きな特徴です。

基本教材が受講者に合わせて細かくレベル分けされている他、『英語で接客』『外国人観光客への応対』などのオプションがあり、学びたい目的がはっきりある人にはおすすめです。

費用も大手英会話スクールの中では安めになっています。

それでもおうちホームステイの方が安いので、日常英会話を習得できればいい人はおうちホームステイの方がおすすめです。

『働いているお店で外国人の対応を任されて…』など、具体的に学びたい目標がある人にはGABAがおすすめです。

2-6.おうちホームステイとNOVAを比較

NOVAは1万円ポッキリプラン、2万円ポッキリプランなど、安価でわかりやすいプランを用意している英会話スクールです。

マンツーマンレッスンでおうちホームステイや他の英会話スクールと比較するとあまり安くはならないのですが、グループレッスンでもよくて毎週同じ曜日で受講できる人なら、入会金・月会費込みで月1万円からという破格で受講できます。

最初に支払うお金を抑えたい人にはうってつけの英会話スクールです。

とはいえ、英会話をしっかり習得したければ長い期間受講しないといけないので、NOVAでも費用はかさんできてしまいます。

『英会話を学びたい』という気持ちに迷いがなければ最初からおうちホームステイにした方が、トータルでみると安く済みます。

2-7.おうちホームステイとbわたしの英会話を比較

bわたしの英会話は初心者の女性向け専門の英会話スクールです。

女性がわかりやすいストーリー仕立ての教材を独自に開発していて、楽しく英会話を学ぶことができます。

女性専門の英会話教室のため、大手の英会話スクールのように大々的な広告を打たず、スクールの数も東京に8スクールのみと少ないので、料金設定が安価になっています。

おうちホームステイとbわたしの英会話は費用が同程度で、おうちホームステイもゲーム感覚で楽しく学習が進められます。

加えて、おうちホームステイは脳神経科学を取り入れて学習の成果が出やすい教材なのが特徴です。

他の受講生とガールズトークを楽しみたい人はbわたしの英会話、しっかり学習の成果を出したい人はおうちホームステイを選ぶといいでしょう。

2-8.おうちホームステイとトライズを比較

トライズは、毎日の学習と週1~2回のレッスンを組み合わせて学習していくスタイルをとっています。

おうちホームステイが2カ月で終了するので、トライズも2カ月間あたりの費用で計算すると、おうちホームステイとトライズの費用はあまり変わりません。

しかし、トライズは1年間の受講が基本のプログラムで、1年間受講すると総額は141万円と非常に高額になります。

1年間毎日英語の勉強を続けるのは難しそうですが、毎日進捗報告を行い、進め方のコンサルティングをしてもらえるので、90%以上の人が継続できているそうです。

なお、トライズはビジネス英語の習得が目的で、おうちホームステイは日常英会話の習得がメインです。

そのため、短期間で集中して日常英会話を学びたい人にはおうちホームステイが、ビジネス英会話の習得が目的で費用と時間をたっぷりかけて成果を出したい人にはトライズがおすすめです。

2-9.おうちホームステイとイーオンを比較

イーオンとおうちホームステイを比較すると、イーオンの方が安いという結果になりましたが、一つ注意点があります。

イーオンにはマンツーマンのコースがなく、マンツーマンレッスン、少人数レッスン、グループレッスンを組み合わせて受講する形になっています。

イーオンの方が安くでも自分が話せる時間は少なくなってしまうことに注意してください。

イーオンは日本人向けに独自開発した教材を使用しているのが特徴的な英会話スクールです。

他の学校と違いマンツーマンのコースがなく、グループレッスンや少人数レッスンと組み合わせて進めていくので、講師の人件費が抑えられ、大手の英会話スクールの中では最安です。

マンツーマンにこだわらず、とにかく費用を抑えたい人にはイーオンがおすすめです。

一方おうちホームステイの方が、自分一人が話せる時間が長いので上達は早くなります。

費用は掛かりますが、効率よく英会話を習得したい人はおうちホームステイがおすすめです。

2-10.おうちホームステイとイングリッシュビレッジを比較

イングリッシュビレッジは低価格を強みにしている英会話スクールです。

今回様々な英会話スクールを比較した中でも、一番安いという結果になりました。

低価格にするために、過大な広告を打たない、スクールの数も都内と横浜12校に絞る、などの様々な対策をしています。

一点注意が必要なのが、イングリッシュビレッジは低価格にするため教材も市販の物を使っているという点です。

一方おうちホームステイは脳の記憶の仕組みを取り入れた独自の教材なので、成果が出やすいといえます。

教材の質にこだわらず低価格で受講したい人にはイングリッシュビレッジがおすすめですが、しっかり成果を出したければ費用はかかりますがおうちホームステイにした方が近道です。

2-11.おうちホームステイとロゼッタストーンTOTALeを比較

ロゼッタストーンはおうちホームステイと同じく、スマートフォンやタブレットで学習を進めるタイプの教材です。

ゲーム形式で楽しく学習が進められ、文法やリーディングも学ぶことができ、全5レベルを終了するには150~250時間かかるという大ボリュームです。

ロゼッタストーンTOTALeコースではオンライン英会話を楽しめるサービスもついています。

一方おうちホームステイは、脳神経科学を取り入れているので、学んだ英会話が定着しやすく、効率よく学習が進められる教材になっています。

また、教材を進める中で自分がちゃんと発音できているか、AIスピーカーやネイティブフレンドに確認してもらえるので、より実践的な英会話能力が身に付きます。

文法やリーディングも学びたくて、自分一人でもコツコツ学習を続けられる人にはロゼッタストーンは価格も安くトライしやすい教材です。

おうちホームステイはロゼッタストーンよりも高額にはなりますが、英会話の実践力を効率よく身に着けられ、サポートがしっかりしています。

英会話を本気で身に着けたいならおうちホームステイの方が結果がでるでしょう。

3.まとめ

『1週間で英語がペラペラに!』といういかにも高額そうなおうちホームステイでしたが、費用をよくよく調べてみると、大手の他の英会話教室よりも安いということがわかりました。

他の英会話教室はコースの豊富さやハイレベルなビジネス英会話への対応が売りにしていますが、おうちホームステイは初心者向けの日常英会話に特化しているので、低価格でも質の高い教材が提供できるのですね。

もちろんおうちホームステイよりも安く始められる英会話教室もありましたが、おうちホームステイは実践的な英会話を効率よく身に着けられる教材になっているので、日常英会話を習得したい初心者の方には一番コスパが高くおすすめの教材と言えます。

 

→おうちホームステイは無料で1週間トライアルが可能?実際に使ってみたい方はこちら!

  • おうちホームステイは効果あり?効果なし?60日の体験ブログから徹底調査!
  • 【必見】おうちホームステイの口コミの評判を調べて分かったおススメな人とは?
  • おうちホームステイのセミナーの内容は、ノウハウがザクザクの宝の山だった!
  • おうちホームステイでTOEICスコアアップ!TOEIC800点がコツを教えます
  • おうちホームステイの価格が実は激安だった!大手英会話スクールの半額!
おすすめの記事